学費サポート制度

SUPPORT SYSTEM

高等教育の修学支援新制度

本校は「高等教育の修学支援制度」の対象校です。

2020年の4月からスタートした新制度です。 家庭の経済状況に関わらず、進学できる機会を増やせるように国が「授業料や入学金の減免」と「給付型奨学金(返還不要の奨学金)」の支援を行う制度です。 ※世帯収入により支援金額が異なる為、ご確認ください。

支援対象者

■住民税非課税世帯および、それに準ずる世帯の学生
支援対象者 年収の目安 支援額
住民税非課税世帯の学生 ~約270万 満額
住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生 ~約300万 満額の2/3
~約380万 満額の1/3

※上記は両親・本人(18歳)・中学生の家族4人の世帯の場合の目安になります。 実際には多様な形態の家族がありますので、基準を満たす世帯年収は家族構成や年齢に より異なります。

※2021年3月に高等学校等(本科)を卒業予定の人・卒業後2年以内の人が対象です。

■授業料等減免と給付型奨学金の支援額

※両親・本人(18歳)・中学生(15歳)の家族4人世帯の場合の目安
本人の年齢や家族構成等によって、目安年収は異なります。

支援金額

支援を受けられる金額は世帯の収入、進学先の学校種、自宅から通学するか、一人暮らしをするかなどによって異なります。

■実際の支援金額(本校の場合)
授業料と入学金の減免額(年間上限額) 給付型奨学金の支給額(年額) 合計
入学金 授業料
満額支援の場合 約16万円 約45万円 自宅生 約46万円 約107万円
自宅外 約91万円 約152万円
満額の2/3支援の場合 約11万円 約30万円 自宅生 約30.7万円 約71.7万円
自宅外 約60.7万円 約101.7万円
満額の1/3支援の場合 約5万円 約15万円 自宅生 約15.4万円 約35.4万円
自宅外 約30.4万円 約50.4万円

手続きのスケジュール

4月下旬~5月頃
高校より関係書類をもらって、インターネットでJASSOに申し込みます。
秋ごろ
選考結果の通知がJASSOから高校を通じて通知されます。
入学時
採用された通知を進学先の学校へ提出し、JASSOへの進学届を提出します。学校へ授業料減免の申請を行ってください。
令和3年4月
給付型奨学金は4月または5月から、毎月本人の口座に振り込まれます。授業料や入学金の免除は大学等によって異なるので、大学等の窓口に聞いてみましょう

高等教育の修学支援制度の詳細はこちら

名古屋市歯科医師会附属歯科衛生士専門学校 特待生制度

本校独自の特待生制度になります。
学年毎の成績優秀者には毎年10万円を交付しています。

日本学生支援機構奨学金制度

奨学金は、学生が自立して学ぶことを支援するために学生本人に貸与される 国が実施する貸与型の奨学金です。
「日本学生支援機構」

各種教育ローン

各金融機関や国が融資するローンがございます。
お困りの際は一度当校へご相談ください。